忍者ブログ
見ろ、これがニュードの意志だっ!!
[190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182] [181] [180]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 散財3日目。
 待ちに待ったメイン散財イベント♪
 なんと、ポートメッセにハゲ(富野由悠季)が来るんですよ! 生でハゲを見れるんですよ!!
 ナマハゲ状態!!

 金、土、日の3日間イベントがあったのですが、金、土だけ行ってきました。
 3日目はシャアとアムロとララァのトークがあるのですが、芸人のトーク多すぎでアフォらしいから諦めました。
 2日間ともホターさんと一緒に行ってきまして、今回は初日の話。

 さすがに混むだろうと思って、30分以上前に会場に着いたのね。開場は10時。
 そしたらすでに人が尋常じゃなくて、会場まわりにウジャウジャと人が・・・・ゴミのようだっ!!
 人のようなゴミだっ!!
 おい、今日は何曜日だ? 金曜日だろ? 平日だろ? 仕事はどうした? 
 090724_093437.JPG






 ちなみに正面ゲート。
 なんだ、大した事ないなww と、思うでしょ? これは氷山の一角なんだよ。
 なんで正面ゲートだけ区切られてるかっていうと、隣にある当日券を購入する列を確保するためなんだ。本隊は会場の東西にいて、着いた時点で東西の手前から奥までを1本の列とすると、3本分あるんだ。頭おかしいよ、この国。
 しかも、当日券を買っている人は皆無。手にしてるチケットは、ほとんどネット予約でしか手に入らないイラスト付きの。
 おまけに2~3割はユニクロで売ってたガンダムのTシャツ着てたりとか、ゲームとセットで売られたシャア専用PSP持ってたりとか・・・・ヤヴァい!
 大抵こういうイベントで出てくるコスプレしてる人もいないし、親子連れを除くとさ、本物率が高い! もう10年はガノタをしているもも助とホターさんには分かります、にわかか本物かの区別くらいはww

 人多過ぎだから、入場するのに30分かかりました。
 オープニングセレモニーが10時半からなんで、急いでメインステージに。
 スゴいですよ、会場の席が中央から連邦とジオンに分かれてる。ってか、シートの色まで連邦(青)、ジオン(赤)になってるww 私とホターさんが座るのは、もちろんジオン側。
 なんとか、メーテレの偉い人と監督のオープニングの挨拶に間に合いました。

 キャーカントクサーン♪

 ファーストの打ち切り秘話が出た時は、監督がメーテレの偉い人をゴツいてましたww さすがはクリエイターで演出家。盛り上げてくれます。
 でも監督曰く「9話分描けなかったのはクリエイターとしてもちろん悔しいし、描けるのなら描いていた。そして描いていたら、そこでガンダムは完結していた。ただ、9話分描かなかったから、ガンダムという作品に道が出来た訳で、そこには感謝している」だそうで。

 メインのおまけみたいな形で喜屋武ちあきって人が、痛々しいガンダムのコスプレで出てきたけど、そのコスプレ作ったのが、なんと∀ガンダムのキャラクター原案を務めた安田朗とか! 監督が安田朗をベタ褒めしてました。「彼は人間のラインを生かしてデザインする天才。普通の人が作っても絶対にこんな風には出来ない、作れるものなら作ってみて下さい。絶対に出来ませんから。断言します」と相変わらずww
 監督の話が終わった後、司会の「ここで、スペシャルゲストの登場です!」の後、スモークと共にアムロの映像流れる。
 こ、これはまさか・・・・と思ったけど、「アムロ、行きま~す」の「あ」を聞いた時点で、おさむか・・・・と落胆しましたよ。予想通り、おさむ。
 メインが帰って、おさむとメーテレアナだけで残りを進行してたけど、まぁグダグダだったww
 でも、みんな一緒に「マチルダさ~ん」と叫んだ時には、おや? 一部から野太い声援がw

 お次は、ハゲと土田とミッチーと喜屋武ちあきのトークショー。監督への質問コーナーみたいな感じ。
 まぁ、時間も経ってうろ覚えなんだが、だいたいこんな回答だった気が・・・・。ちゃちな質問には監督がキレてたww 

 「フラウ・ボゥだけが生足・・・・」 → 「アルバイトの塗り間違いが原因。塗りなおせる訳ないから、そのまま」

 「なんで南米が連邦の基地? 南米にこだわりでも?」 → 「別に好きで南米した訳じゃない。他の作品とは色をつける意味でも、戦わせる時は、誰も戦わせた事のないところを選んで戦わせました」

 「オープニングのアムロのパイロットスーツ(青色)1回も着なかったような・・・・(土田)」 → 「本編も描いてないのに、パイロットスーツの色なんか決めてない。OPを作ったヤツも適当に色塗ってる訳じゃないから」

 「少年兵が多い」 → 「戦争で子供を使うのはよくある事。第2次世界大戦の日本もそうだった。倫理観が未成熟だから、大人よりも簡単に人を殺すし、実際、13歳で軍の司令官に任された子供だっている。今現在も世界中で多くの子供達が戦わせられている、珍しい事じゃありません」

 「当時としては劇中でのキスシーンが多い」 → 「意識して多くしたつもりはありません。これも戦争では当たり前の事で、紛争地域の出生率が異様に高いのは、まさしくこういう事です。いつ死ぬか分からない状況だからこそ愛し合えます」
 
 「監督が体験した恋愛も描かれている?」 → 「人を知る意味で色んな女性と付き合ったが、僕も一応プロなんだよ? 自分の体験をそのまま描くようなバカじゃありません!」

 とまぁ、大体こんな感じだたような・・・・。上2つは正直驚き。OPって本編よりかなり前に作られてたんですねぇ。あと、塗り間違いとかww
 監督曰く、ガンダムは嫌いなところが多いんだそうだ。それは、一人の人間の趣味がカバー出来る範囲なんてたかがしれていて、自分が嫌いな部分をいれなきゃならない。自分の嫌いな部分を多く入れてるから、当然「好き」とは言えんらしい。
 これも驚いたんだが、ファースト開始直後は女性ファンが圧倒的だったんだって。野郎共はガンプラでホイホイ釣られた2次ファンが多いとか。

 監督のトークショーが終わったら、お次は名脇役のトークショー。
 永井一郎(波平)、古川登志男(ピッコロ)、中谷ゆみの3人です。3人ともガンダムに欠かせないお方ですよ。
 まぁ色んな裏話があったのですが、アテレコする時はほとんどラフ画だったせいで難しかったんだそうだ。
 最後に「各キャラの名シーンをその場でアテレコする」ってのがあったのですが、あんだけ笑いながら話してたのに、台本持った瞬間、みんな表情変わってさ、そのキャラになりきるんだよね。
 やっぱプロって違いますねぇ。
 永井さんなんて、キャラとナレーションの2役が続いてるシーンだったのに、やってのけるんだもんなぁ(若干噛んだけどw

 芸人のどうでもいい話はスルーして、その間に昼ごはんと物販を見に行ったんだけど、物販・・・・\(^o^)/オワタ
 なんですか、この人は!? TGSのカプコンの物販ブースなんて目じゃないでっせ! 商品もほとんど品切れorz 一番地雷だと思ってた限定のクリアカラーガンプラが一番売れてた。

 15時過ぎから、監督と大学の学長と科学ジャーナリストの3人で、ロボットサミットみたいなので討論してた。
 アツかったのが、ロボットの形についての討論。
 ロボット工学の人は、「人型に拘らずとも、虫とかの形をしていた方が、災害の場所や月みたいな場所でも活躍出来る」。一方の監督は頑として人型を譲らない。
 監督曰く、長い進化の過程で人間が生物の頂点にいるのは、まさに人型をしていたからであって、万能で、親近感みたいなものを寄せれるのは、やはり人型。
 ガンダムでは宇宙で普通に戦ったり生活したりしているが、宇宙はとても過酷で危険な環境。しかし人型のロボットがそこにいる映像があるだけで、宇宙はグッと身近な存在になる。だから、月にロボットが行くとしたら、絶対に人型でないとダメ。
 もっとも人型のロボットが活躍するには、今のロボットの数倍は関節が動くようにならないといけない。と、いうのが監督の理論。
 う~ん、どっちも間違ってないような気もするが、ハゲの方を押すかな。色んな角度から物事を見ていて、理論的だ。
 あと監督は、「人型は出来てもいいが、『介護を行う』とかいうバカなロボットだけは絶対に作ってはいけない。人間が出来ることまでロボットに任せるようになれば、人間は必ずダメになる」って言ってた。
 そんでもって、「私は20代より上の世代には期待してません! 今生きる10代の皆さん、貴方たちが作るんです、頑張って下さい」とも。
 ガーン!! 20代の私は眼中にないようだ・・・・。


 なんか、すっごい哲学な話だった。あまりにもイイ話だったんで、この後ある芸人のトークショーで、澄み切った頭を汚されたくないんで、初日はここで帰りましたww
 会場を出る前にもう1回物販コーナーを見に行くと・・・・もれなくDVDとBB戦士三国伝と本とガンダムWAR(全部市販している)だけが残ってましたorz 悔しい・・・・。

 いやぁ、ナマハゲはやっぱ違いますね♪
 こういうトークショーを見ると、「やっぱプロってスゴイよなぁ」と思います。
 声優さん達ももちろん凄かったけど、ハゲは別格。考え方が特殊というか・・・・あの人は多分、普通の人とは違う次元の生物なんだわww
 さすがは崇拝する3大神の一人。私の「物書き部門」にぶっちぎりで1位にランクインするだけはある。ちなみに他で言うと「絵描き部門」はカトキハジメ。「音楽部門」は菅野よう子なんです。
 「頭がいい」なんて勉強すれば誰でもなれると思うが、こういう芸術分野に関しては、やっぱり飛びぬけた感性が必要なんだと思う。だから尊敬できる訳だ、こいつは。
 専門学校時に小説を書いてたのですが、ハゲみたいなクリエーターを見た後だと、所詮は書いた気分になってただけの幼稚なもので、スタートラインにすら立っていなかったんだな、とつくづく思う。
 目標は遠いな・・・・。まぁ、まだ若いから時間はある。いずれは抜きさってみせるさね(ぇ


 返信の連携
 蒼崎勇嘉さま >>
 中華統一間近に野に下るのはよくやる事ざますよ。特に三国志シリーズでww
 先生との飲み会よかったです♪ セッティング、本当にご苦労様でした。
 蒼天の蜀はかなりイイですよね。個人的には劉備が一番好きだったかな。どの話でも聖人君子みたいに描かれてますけど、時折見せるあくどい顔があった方が人間味溢れてますし♪
 そして五虎将なのに、LEカードで何故かハブられる黄忠・・・・(´;ω;`)ブワッ
 武力依存はすさまじいですよww 超絶強化で武力が20あたりになると、神速号令で全員突撃してもミリも削れずに、こっちに大打撃の文字が・・・・。だいたい快進撃策や呂布の計略中に低武力槍が迎撃して、なんで迎撃した方に大打撃でるんだよ・・・・おかしいだろjk
 今は魏4がアツいかもしれませんよ♪ しかし、猛烈に欲しいカードって一体!?


 ナマハゲに栄光アレ~!!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ナマハゲ!!
お疲れ様です!
ガンフェスはスゴかったらしいですね!
期間中あおなみ線は何度か乗車率100%を超えたとかww
私も買い物であおなみ線に乗ったときは、なぜかやたらと周りから【シャア】という言葉が聞こえました。
勝俣でもそんなに言わないであろうと思うぐらい、【シャア】の嵐でした(^_^;
ツッチーはいいですね♪
色んな裏話を聞けるというのは、ファンにとっては嬉しいですよねヽ('ー'#)/
ガンダムって偉大ですよね!
日本に生まれてよかったー!
蒼崎勇嘉 2009/07/30(Thu)12:39:29 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
不覚にもページに迷い込んだ人数
日付が分かっちゃうやつ
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフ
HN:
もも助
性別:
非公開
職業:
NT(ニート)
趣味:
MOUSOU
自己紹介:
 ガンダムとか大戦のカードとか与えると喜ぶ。

・メインIC    もも助(証15)
・メインデッキ  SR張遼・R龐徳・R羊祜・R賈詡・UC楽進
・好きな文遠  張遼文遠
・好きな皇后  甄皇后(SRを除く)
・崇拝する神  富野由悠季、菅野よう子、カトキハジメ
大戦の友
武将に生まれ変わったド~ン
最新コメント
[10/20 蒼崎勇嘉]
[10/06 蒼崎勇嘉]
[10/02 蒼崎勇嘉]
[09/14 蒼崎勇嘉]
[08/26 蒼崎勇嘉]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]